家時間

kaboの家時間 

【頑張りすぎないお家ごはん】 野菜たっぷり♪やさしい味付け~どうぞごゆっくり~

さつま芋バター醤油炒め・レンジキャベツの中華和えなど計5品手順

今回は
\メニュー/
①さつま芋バター醤油炒め
②レンジキャベツの中華風和え
③豆苗とツナの煮物
④しらすときのこのおかか和え
⑤きゅうりの胡麻酢和え
合計5品です(^^)

私の調理時間◆30分
f:id:kabo0606h:20190930174949j:plain

主な材料

・さつま芋 2本(中) ご近所さんからのいただきもの(プライスレス)
※2本分ですと2人で食べきる分には少し多く感じたので1本分で良いかも。
・キャベツ小 1/4玉 48円
・豆苗 1P 98円
・ノンオイルツナ パウチタイプ1P 115円
・きのこ 2パック 98円(特売でゲットしました~)
・しらす 45g  118円
・生姜 1/2片  98円
・きゅうり 2本  25円
★合計★約600円

◆その他
濃口醤油・無塩バター・きび砂糖(上白糖でも)・輪切り唐辛子・穀物酢・粉末中華だし・鰹節・黒又は白炒りゴマ・黒又は白練りゴマ・粗塩・酒

◆主な調理器具
コンロ1・フライパン1・ザル1・鍋1・耐熱ボウル1(レンジ用)・ボウル2(和える用)・600Wレンジ

それぞれの作り方

さつま芋バター醤油炒め

f:id:kabo0606h:20190930175342j:plain
さつま芋を写真くらいの細切りに切り、10分水にさらしておく。ザルなどで軽く水を切り(多少水分が残っていてOK)耐熱ボウルなどに入れ600Wレンジでふんわりラップをし、5分加熱する。水気をしっかりと切り、無塩バターと一緒にフライパンで弱火でしっかりと炒めていく。竹串で火通りを確認したら、濃口醤油・きび砂糖(上白糖でも)・水を入れて炒め合わせたら完成です。
※先に調味料を加えて炒めると、さつま芋に火が通る前に焦げ付いてきてしまいますので、竹串で火通りを確認してから調味料を入れて炒め合わせていきます。

レンジキャベツ中華和え

\詳しいレシピはコチラ/
kabo06.hatenablog.com

こちらは材料を変え【レンジキャベツとかにかまの粒マスタードマヨサラダ】または【レンジキャベツとちくわの胡麻和え】にされるのもオススメです。
kabo06.hatenablog.com
kabo06.hatenablog.com
胡麻和えにされる際は、キノコのレンジ間にちくわを切る作業を進めてください。キャベツの味付けの前にキノコのレンジ加熱が先に終わった場合は、味付けよりもさつま芋のレンジ加熱開始を優先してください。


豆苗とツナの煮物

f:id:kabo0606h:20190930175639j:plain
豆苗を2分割ほどに切り、鍋に入れ、ツナ・醤油・きび砂糖・酒・水を入れて煮込んだら完成です。ツナからの良い旨味が出るのでだし汁は加えていません。
\保存容器シリーズ/

しらすときのこのおかか和え

f:id:kabo0606h:20190930175722j:plain
しめじの石づきを切り、ほぐして耐熱ボウルに入れ、ふんわりラップをして600W3分加熱する。ザルで水気をしっかりと切り、千切りにした生姜・しらす・鰹節・醤油・きび砂糖(上白糖でも)で和えたら完成です。鰹節の旨みがあるためだし汁は加えていません。

きゅうり胡麻酢和え

f:id:kabo0606h:20190930175824j:plain
きゅうりを1センチ幅くらいのななめ切りにし、さらに3等分ほどに切る。穀物酢・濃口醤油・練りごま・すりごま・きび砂糖(上白糖でも)で和えたら完成。今回は白ごまを切らしていたため、黒ごまを使用しましたが、色合いがあまり良くないので(笑)白ごまのほうがおすすめです(´ω`)

手順表※だいたいの目安です

(手書きのため見えにくい部分は申し訳ございません)
f:id:kabo0606h:20191001154440j:plain

ポイント

◆レンジを上手く活用し(5品中3品使用)コンロ1つで調理を進めていきます。さつま芋は火通りに時間がかかるため先にレンジ加熱しておいてから炒めていきます。
時間がかかるさつま芋バター醤油炒めから調理を進めて
いきます。
◆火を使わない品(きゅうりのごま酢和え)や、レンジ加熱後和えるだけの品(キャベツの中華風和え、しらすきのこおかか和え)を上手く組み合わせて調理30分以内で5品完成させていきます。
◆レンジキャベツの中華風和えは、調味料を変え(途中まで作業行程が同じなため)【レンジキャベツとかにかまの粒マスタードマヨサラダ】や【レンジキャベツとちくわの胡麻和え】にされるのもオススメです。
◆だし汁は作るのに時間がかかるため鰹節やツナの旨味を活かして味付けしていきます。
◆さつま芋のバター醤油炒めは先に調味料を加えて炒めると、さつま芋に火が通る前に焦げ付いてきてしまいますので、竹串で火通りを確認してから調味料を入れて炒め合わせていきます。
◆キャベツの味付けの前にキノコのレンジ加熱が先に終わった場合は味付けの前にさつま芋のレンジ加熱開始を優先してください。

作り始め順(ピックの番号順です)

①さつま芋バター醤油炒め
②レンジキャベツの中華風和え
③豆苗とツナの煮物
④しらすときのこのおかか和え
⑤きゅうりの胡麻酢和え

600Wレンジ加熱順

①キャベツ(3分)
②きのこ(3分)
③さつまいも(5分)

コンロ使用順

①豆苗とツナの煮物
②さつま芋バター醤油炒め

完成順

①レンジキャベツの中華風和え
②しらすときのこのおかか和え
③豆苗とツナの煮物
④きゅうりの胡麻酢和え
⑤さつま芋バター醤油炒め

使用道具

◆レンジ→さつまいも・キャベツ・きのこ
◆なべ→豆苗とツナの煮物
◆フライパン→さつま芋バター醤油炒め

Aブロック:さつま芋切り水にさらし、キャベツ切りレンジ加熱間

⇒①豆苗切りツナとに始める→②きのこを切っておく

Bブロック:キャベツ水切り、きのこレンジ加熱間

⇒①生姜を千切りにする→②キャベツの味付けをする。
◆キャベツの味付けの前にキノコのレンジ加熱が先に終わった場合は味付けを進めるよりさつま芋のレンジ加熱開始を優先してください。

Cブロック:さつま芋レンジ加熱→炒める間

⇒①バター切る→②豆苗ツナ煮終わり→③しらすときのこ味付け→④きゅうり切り味付け
③と④はどちらが先でも良いと思います。

竹串でさつま芋の火通り確認し、味付け炒めたら完成。

どなたかのお料理のお役にたてたら幸いです。


\その他30分つくりおき/
kabo06.hatenablog.com

\レシピはコチラ/
kabo06.hatenablog.com

\作り置き記録はコチラ/
kabo06.hatenablog.com